こはるンルン ♪日記

コザクラインコ「こはる」成長日記

パーティピーポー?ルン♪

先日、メデタく4歳の誕生日を迎えたこはるさんの、お誕生日会の様子。

こはる自身にもハッピーバースデーを感じてもらいたくて、オーナメントを天井に飾ってみたけれど、全く興味がなかったみたい。眺めてはくれたからいいとするか…。

f:id:aufheben1007:20181016232855j:image

お祝いのごちそうは、こはるの大好きなお米食べ放題。

f:id:aufheben1007:20181016233209j:image

豆苗も食べ放題。

f:id:aufheben1007:20181017075439j:image

誕生日楽しんでくれたかな。

外耳炎、アレルギーもあるけれど、とりあえず元気だから良しとして、4歳の一年間も元気で、楽しく過ごそうね!

f:id:aufheben1007:20181016233352j:image

/yossy

つるべってルン♪

秋の陽はつるべ落とし。

井戸の釣瓶を落とすと滑車が回って、あっというまに落ちてゆくようす・・・なぜかイメージはできるが実際に見たことは無い。

陽が落ちるのが早く感じられるのは、秋になって大気が乾燥するため、夏に見られた水蒸気による光の屈折が減り、薄明時間が短くなるためなのだそうだ。

f:id:aufheben1007:20181012193654j:image

今日もオトンは出張中。朝と晩にオカンから、こはるの様子が写メで届くが、オトン留守中のこはるの作戦は、忙しいオカンの手の動きを封じて、なんとか手の中で甘えること。器用に〝チュッ〟と舌を鳴らしてチューをしたり、ウルウル瞳でモフモフアピールをしまくったり。

暗くなるのが早くなってきているので、留守番も寂しいだろうから、甘えられる時にはたっぷり甘えておいた方がいいね。

f:id:aufheben1007:20181012193648j:image

腹が減っては甘えができぬ。食欲の秋だし、しっかり食べてからだね。

/ Naoking

 

紫外せん〜♪

三連休の間に晴れ間は結構あったかも知れないけれど、それなりに用事が重なって、こはると遊ぶ時間も制限されていた。昨日の連休最終日、オカンが一人で出かけている間に少し時間があって、幸い日差しにも恵まれたので、こはるの日光浴タイム決行!

f:id:aufheben1007:20181009081036j:image

こはるの耳の感染症は、日光浴不足=紫外線不足が原因の一つになっているのではないか、と常々思っているので、休日の昼間はなるべく外に出してあげたいのだが、なかなか需要と供給と希望と天気の意見が一致しなかった。

f:id:aufheben1007:20181009081108j:image

ケージを窓ぎわに置くという手もあるが、我が家の窓ガラスは全部UVカットのペアガラスなので、紫外線と気温は遮断されてしまう。なので、外に出られただけでもありがたいと思って欲しいが、氏の要求はとどまるところを知らない。

f:id:aufheben1007:20181009094341j:image

外に出る時は、外出用の狭いケージなので、広い大空とのギャップが大きいのだと思うけれど、毎回のオヤクソクのように外に出たがる世間知らずインコ。大きい鳥とか猫とか来たら、一瞬で食べられちゃうんだぞ!

f:id:aufheben1007:20181009085309j:image

ケージからだせ!出せ!攻撃は家の中でも外でも変わらないのだが、、、〝ダセ〜っ〝てのは、オトンが〝ダサぃ〜〝って言われているようで、天気いいのに心地良くないのだよ。

/ Naoking

ボーっと??♪

20世紀の美術界を代表する世界的巨匠、棟方志功。版画とは言わず「板画」と称することにこだわった。晩年まで手がけた大型の「板壁画」などは、オトンが育った故郷の公共施設などでよく見られたので、ボーっと見とれていた記憶がある。

f:id:aufheben1007:20181006081915j:image

先日、美術館の喫茶コーナーに全集の本が置かれてあったのをオカンが見つけて、いつものようにボーっと座ってコーヒーを待つオトンに持ってきてくれた。ひと通りページをめくり終えた頃にはコーヒーが冷めてしまった。

f:id:aufheben1007:20181006082309j:image

小説などもそうだが、若い頃(ついこの前のことであるが)と、少し年齢を重ねた今と、同じ文章や絵を見ても感じかた、感じるものが違うということがよくある。

志功の作品の中に鳥を探すなど、鳥と暮らすまでは考えられなかったことだし。

f:id:aufheben1007:20181006083827j:image

こはると暮らし始めてから、人の暮らしもさることながら、鳥としての生活環境改善や、鳥が鳥として正しく生きてもらうために、いかにあるべきなのか、1日に何秒かはボーっとせずに考えるようになった。これでチコちゃんに怒られることはないだろう。

こはるはともかく。

f:id:aufheben1007:20181006091651j:image

/ Naoking

まんぷくルン♪

新しい朝ドラ「まんぷく」はスタートの視聴率も上々のようで、まずは何よりだ。朝ドラってのは、正しくは「連続テレビ小説」って言うらしい。そう言われてみれば、そのように見聞きしたような気はする。 何はともあれ、興味津々でオカンと共に初回を見たら。。。

f:id:aufheben1007:20181002224240j:image

やられた・・。

のっけから、このきらめく鳥達のシーン。

コザクラインコの登場は珍しいし、感動的ですらある。オカンの瞳に❤︎マークがキラキラしているのをこはるは見逃さない。うれしそうな、ちょっとヤキモチをやいてる感じも見受けられるような。

f:id:aufheben1007:20181004124337j:image

インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者は安藤〝百福〟さんとおっしゃるらしいが、今回のタイトルは〝万福〟だから、100倍くらいはドラマちっくな演出が期待できるかも。やっぱり、小説だし。事実より奇なりというし。

f:id:aufheben1007:20181004131911j:image 

我が家のまんぷくさんは、やっぱり〝満腹〟さんで、モリモリ食べてる姿を見るのが一番うれしいし、それを見られることで安心できる。

インスタントとジャンクフードは、リーゼントつけたみたいにカッコつけてもオカンは絶対あげないけど。

f:id:aufheben1007:20181004132805j:image

/ Naoking

みんなおるよ♪

「すずめ、違うよ。〝みんな おる〟」

・・・

朝ドラ「半分、青い。」が終わってしまった。

3.11。亡くしたものと、残されたもの。

それが私のユメ・・と歌い続けた多くの命が鳥のように遠い空に飛んで行った。

f:id:aufheben1007:20180930112301j:image

去る人が残してゆく夢やメッセージを、残った人が生き続けることで受けとめ、それを実現していかねばならない。だからこの世にはまだ、みんな おる。

こはるも、おる。

f:id:aufheben1007:20180930131342j:image

ここにおる人の、想いを届ける力は、そよ風のような優しさではあるが、天国にも届く強さがあるのだと。

こはるを思う心は台風並みに強いのだが、果たして半分も届いておるのやら。

f:id:aufheben1007:20180930145257j:image

こはるの炎症を治す〝アイデア〟とは、オトンとオカンの〝愛デアる〟ことはわかっている。半分くらいだけど。

/ Naoking