こはるンルン ♪日記

コザクラインコ「こはる」成長日記

送り盆の想い♪

梅雨明けらしからぬ気温の低さと日照不足が続いて、オカンはこはるが鼻水を流していないか心配しながらおやすみカバーをあける朝が続いている。

f:id:aufheben1007:20170723222651j:image

 今日は送り盆だけど、雨の地域が多いようなので、外で送り火を焚けないところも多いだろうね。

まあ、風習は風習として、形や方法はどうあれ、生きている人の想いの問題だから、火を焚く以外に色んな迎え方や送り方かあっていいと思う。某地で、金魚ねぶたに灯りをともして迎え火の代わりにするという、風習の進化を見た。感動的な発想とチャレンジに大きな拍手だ。

我が家では焚木の代わりに明るい色の花を飾るのはどうだろう?と、ステキじゃない?と、提案してみたい。最近は葬儀などでも和花に限らずカラフルな洋花なども使われるようになってるし。仏さん達だって現代的な感覚になってきているはずだし。

f:id:aufheben1007:20170723221515p:image

我が家の草月流な人も、もっぱら洋花で空間をデザインする。花そのものの美しさに加えて、空間の作り方がなかなかいい。と、ど素人のオトンは想う。これもまた、いろんな想いがあっていい。

f:id:aufheben1007:20170723220252p:image

 こはるは、このキレイな花を誰に見せたい?

その人を想うこと、それが最大の供養というものなのだ。

ご先祖様方、来年また会いましょ♪

/ Naoking

 

お盆でチュン♪

お盆です。

こはるも家族の一員として、我が家のご先祖様をお出迎えです。
移動の速さでは鳥の羽も負けないかもしれないけれど、今日のところは世の習いということで、キュウリ製の馬にご先祖様ご一同の運搬をお願いします。 

f:id:aufheben1007:20170812221807j:image
大好きだったジイちゃんが乗り心地良く乗って来れるか、入念にチェック。
f:id:aufheben1007:20170812221841p:image
座るのに邪魔そうな突起は、自分のクチバシでキレイに撤去。こはるの得意技が活きる時。

f:id:aufheben1007:20170812222052p:image
そんなこんなで今年の夏は、こはるにとって新しい経験が満載の日々。この夏の日記の1ページには、初めて「そこにいない人を想うこと」ができたことを書き留めておこう。

また一歩成長したね。

f:id:aufheben1007:20170812222713j:image

迎え火は怖がるけどね、仕方ない。
/ Naoking

祭り・・・の後の♪

お祭り気分が台風と共に通り過ぎた今日この頃。だけどまだまだ残暑は続きそう。

暑い時期にはジャズフェスティバルがあったり、寒い時期には光のページェントがあったり、特にイベントが無くても人の往来が絶えない、仙台の定禅寺通り

さて、この風景の中に小鳥が写っているのがわかるかな?

f:id:aufheben1007:20170801211952p:image

オカンの職場とオトンの職場の中間にあるので、朝も夕方も良く通るこの通り。ある日、歩きながらふと見上げて気づいた。街路灯を飾る小鳥のレリーフ(鳩かな?)。仙台市民でも知る人は少ないかも。

f:id:aufheben1007:20170801212801p:image

 一番町より南側の両側に立つ街路灯にこのレリーフが並んでる。小鳥は小鳥だというだけで癒される。もちろん、さえずり、飛び回る生きた鳥が一番かわいいのだけれど、その愛嬌ゆえに姿形が飾りものになる。オトンはカワイくはないから飾りものにならないだろうけど、銅像くらいにはなるかな?

f:id:aufheben1007:20170810180603j:image

 街中に限らず、日頃歩いていると、鳥の存在は嫌がおうでも目につき、気になる。こはる以外の鳥にはあまり興味がないはずなのだけれど、やはりコザクラかな?こはるより大きい鳥かな?と、こはるを基準とした物差しで見てしまう。

f:id:aufheben1007:20170801213253p:image

 以前、木を削って小鳥の姿をつくるキットを見かけた事があるけど、老後の趣味にいいかなと思ったものだ。老後までまだ50年以上もあるけど。

 f:id:aufheben1007:20170810181525j:image

 生きた小鳥はかわいいけど、飾り用の小鳥も生意気なこと言わないから、それはそれでいいかもね〜♪

f:id:aufheben1007:20170801213311p:image

とか言いながら、目に付く小鳥関係に目を奪われつつ帰宅を急ぐ旅先の夕暮れ。

足ドリ軽く。

/ Naoking

 

祭りです・・か?

昨日の日曜日、各地の祭りも燃え尽きるところと思われる中、オトンはこはるとオカンを残して週初めからの仕事に備えるべく、また空路での移動だ。しかし、なんと予定便は濃霧のため欠航!しかも祭りの影響か各地への各便全て満席という異常事態。こはるン日記を書いてる場合じゃ無くなった。

 f:id:aufheben1007:20170806195733j:image

しかし、ハイテクオトンは慌てず騒がず、iPhoneiPadガラケーを並べて、念のため新幹線の指定席を確保しながら、ANAJALとAIRDOのサイトから次の便のキャンセル待ちやら別ルートでの回り込みバックホームでの得点方法をサーチ。各カウンターの行列を横目に見ながら0.01秒差を突いて見事に後続便の一席をゲット!こはるも驚くこの素早さ。

f:id:aufheben1007:20170806204409j:image

飛行場の翼は早く移動してくれるので、ありがたいのだけど、その分、ビジネス的には北海道も九州も日帰り圏内になってしまった。オトンは今回4泊だけど(淋!)。

f:id:aufheben1007:20170806204949p:image

時間の過ぎる速さは昔も今も変わることはないのだろうが、使われ方の進化が時代の変化を形作って行く。こはるも時代の先端を飛ぶインコリーダーとして毎日を大事に(オトンも大事に)過ごしていこう。

f:id:aufheben1007:20170807071153j:image

出張のドタバタもあって、今年は全く祭りの気配を感じずにこの時期を過ごしてしまった。

新幹線のキャンセル料までとられたけど、あとの祭り。

/ Naoking

 

 

 

祭りです・・が♪

東北の各地、一斉に祭りの気配。

例年この時期、こはるン家のオトンは祭りの囃子を耳にした瞬間に血行が逆流して騒ぎ出すのだけれど、今年は何だかそれどころでない事が多過ぎて、お祭り騒ぎは自粛気味の夏になりそうだ。

f:id:aufheben1007:20170803225833p:image

        夢はつまり 想い出のあとさき

        誰のあこがれに さまよう

        八月は夢花火 私の心は夏模様

 

少し遠くにいた少年時代の

思い出なども呼び寄せて

静かに過ごしたい夏の心模様。

/ Naoking

なんだか淋しい帰り道♪

ボクはオトンとオカンと、いつものお泊まりのお出かけだと思ってた。でも、いつもとなんか違う。いつものおじいちゃん家にお泊まりしたけど、おじいちゃんには会えなかった。でも、優しいおばあちゃんと、大好きなおばちゃんとおじちゃんがいて、ボクの唯一の子分のねぇちゃんもいて、賑やかでいっぱい遊んでもらったよ。

それにしても、どこに行っちゃったのかな、おじいちゃん…。

f:id:aufheben1007:20170731214743p:image

写真のおじいちゃんはほっぺを赤くしてゴキゲンに笑ってる。おじいちゃんはいつもこんな顔してボクを見ていてくれたよ。だからいつも居間をブンブン飛んで、おじいちゃんの頭にジャンプして元気いっぱいのところ見せたんだよ。

オカンはおじいちゃんは天国に行ったんだって教えてくれた。天国?とっても遠いところなんだって。でもボクはもっとずっと近くにいてくれてる気がする。おじいちゃん、また遊んでくれるよね。きっとだよ。

f:id:aufheben1007:20170731205837j:image

帰りの新幹線では、帰るのが寂しくてちょっと鳴いちゃった。オカンは大丈夫だよと何度も言って、ずっとなでなでしてくれた。

オトンの指は太くてボクのキャリーの間には入らないけど、がっしりした大きな手はおじいちゃんに似てるよ。ね、オカン♪ / 代 yossy

 

 

手回り鳥♪

7月29日は雨の特異日。 今年も今朝からブレることなく律儀に降ってる。梅雨明けはいつになるやら。ついでに昨夜からは北の方で総書記の放つ大きなオモチャも空を飛んでるらしい。念のため今日の遠出はこはるの安全を優先して、自家用飛行機での移動をあきらめて新幹線にしてみた。

おかんは朝からお手製のキャリーカバーを準備して用意万端。

f:id:aufheben1007:20170729105957p:image

まずはこはるがキャリーに乗り込んで、長い旅のスタート。本人も出掛ける気まんまん。

f:id:aufheben1007:20170729110411p:image

最寄りの駅でこはるの切符も購入して電車に乗り込み。途中下車をしない限りはどこまで乗っても280円。

f:id:aufheben1007:20170729110424p:image

新幹線車内ではオカンがナデナデしながらこはるが騒ぎ出すのを制圧。

f:id:aufheben1007:20170729112336p:image

オトンの指はしなやか過ぎて入らないので、終始オカンの仕事。

f:id:aufheben1007:20170729112444p:image

旅の途中途中でハラヘッタ!駅弁とビール買ってこい!とか

f:id:aufheben1007:20170729112508p:image

外が見えねぇぞ〜!いいから、とりあえず一回ここから出してみろ!とか 

f:id:aufheben1007:20170729112314p:image

 それなりに普段通りの帝王ぶりを発揮。到着地は晴れ。改札の「切符のトリ忘れにご注意下さい」で往路終了。

切符もこはるもトリ忘れございません!

/ Naoking