こはるンルン ♪日記

コザクラインコ「こはる」成長日記

両耳で感じる風?♪

おフランスの方々が歓喜の渦に巻き込まれている中、少し複雑な表情に見えるこはるさん。

土曜日に、クリニックに行ったら、遂に右耳の毛までカットされてしまった。

f:id:aufheben1007:20180716163158j:image

左耳の湿り気も変わらず、やっぱりカット。

こはるには、両耳カットって、最新のナウいトリミングだし、似合ってるし、超カッコいいじゃん、とおだててはいるが、本人は半分その気になっても、半分は疑いのまなざし。インコの辞書にも半信半疑という四字熟語があったとは。

f:id:aufheben1007:20180716165230j:image

前回、水が黄色になって、こはるは全く口をつけなくなったので今回は消炎剤とビタミン座をやめて、抗菌剤だけの一本勝負!なんとか口に入れてくれればいいのだが。

耳の湿り気以外はいたって元気。

せっかくの3連休だけど、暑くなり過ぎたり雨が降ったりで、こはるに快適な外の風にあたらせていないのが心残り。また爽やかな風が吹いたら、オカンに外に連れ出してもらおう。

f:id:aufheben1007:20180716170517j:image

/ Naoking

 

 

しょっちゅう御見舞い♪

13日の金曜日、うだるような蒸し暑い一日だった。
これじゃこはるも汗の代わりに耳からしずくがにじむわけだ。明日はまたクリニックの美人先生に経過をみてもらおう。
その前にシャワー浴びて、身だしなみを整える清潔インコ。

季節は小暑、一日の長さは変わらないが、日が短くなり始めている一方で、暑さはこれからが本番。小暑大暑の間は暑気と呼ばれ、暑中見舞いを出す時期だ。こはるも年中羽毛をまとっているから相当暑いだろうな。かわいそうに、お見舞い申し上げるよ。

お見舞い申し上げるのは左耳の方か。

この時期、深夜の闇の中でひっそりと蓮の花が咲き始める。水面からすっくと花茎を伸ばし、ゆっくりツボミを開く様子は見るものを幽玄の世界に誘うかのようだ。花が完全に咲くのが明け方で、昼過ぎには閉じてしまうらしい。これを3日繰り返し、4日目には再び閉じることなく散ってしまう。
こはるの耳で悪さをしている菌もあと4日以内くらいで退散しますように。

こはる、またもキンチョーの夏。
/ Naoking

戦いも大詰め?♪

サッカーW杯も遂に大詰め。今週末は3位決定戦後に決勝、最終戦

とかいいながら、日本戦が終わってからはどこの国がどのように勝ち残っているのか、新聞の記事も目を通しているようで良く覚えていないオトンではあります。

ただし、サッカーとは関係無くとも、アニマルW杯とか、とりあえずインコとかが出ていれば思わずテレビにかじりついてしまうオトンとオカンでもあります。

f:id:aufheben1007:20180710141914j:image

よその子はみんな芸達者だよ、こはるも見て参考にしなさい!って言っても、なぜかインコが写っているときは興味ナシ。お笑いタレントが派手な格好で動いてる映像には反応して見入るこはる。お笑い好きはオトン譲りか。

f:id:aufheben1007:20180710142917j:image

依然として無芸大食の王道を歩き続けるこはる。ブレない姿は花より美しい。

ただしアップを公開できるのは彼の右側のみ。

f:id:aufheben1007:20180710143207j:image

左側はまだ耳だれが治らず、公開は自粛中。

氏の戦いはW杯激戦以降も続く見込み。

/ Naoking

 

 

 

年一度 < 数十年に一度

今日は七夕。「七」を〝たな〟と読むことは無いし、スマホに〝ばた〟と入力して「夕」と変換されることもない。なのに、なぜ人は七夕を〝たなばた〟と読めるのだろう。

こはるの住むところでは、七夕祭りがあるから、読めないでは済まないのだけれど。

f:id:aufheben1007:20180707193916j:image

7月7日の雨はあの二人が出会えなくて流す涙で、〝催涙雨〟と呼ばれるらしいが、今年は特に南の方で催涙雨が尋常じゃない。いったい空の上で何が起きているんだろう。

f:id:aufheben1007:20180707193547j:image

ベガルタ仙台」のチーム名の由来となったベガとアルタイル。あの二人とは琴座の彼女と鷲座の彼のことだとすれば、両者とも地球からはかなり遠く離れているから、地球にへばりついた雲とか雨とか、逢瀬には全く関係無いんじゃないのか?ましてや年に一回なんて。

f:id:aufheben1007:20180707201246j:image

西日本の豪雨に加えて、今日は千葉で地震も。今回ばかりは天空の二人が会うことよりも、地球に住む多くの人が災害にあわないことの方が大事。

被害に遭われた方には、こはるを中心とする我が家一同、心からお見舞い申し上げます。 

/ Naoking

羽毛でルン♪

鳥の羽毛はもともとウロコであった!

目からウロコが落ちそうな研究がある。

f:id:aufheben1007:20180618151304j:image

鳥の祖先である恐竜にも羽毛が生えていたとの説が主流になり、2010年代以降の図鑑には羽毛をまとった恐竜が描かれたものが増えているという。恐竜の代名詞、あのティラノサウルスが羽毛をまとっていたかどうかは、まだ意見が分かれているらしいが・・・

先日テレビに出演していたティラノサウルスには、確かに羽毛が。

f:id:aufheben1007:20180704212011j:image

現代の鳥と同じように、繁殖時期にキレイな羽毛を異性に見せて求愛したのではないか、というナンパな意見があるが、、、

・・・多分そうなんだろう。

もはや真夏並みの気温の中、こはるの羽毛は水を弾かず、おなじみのツンツン姿。

f:id:aufheben1007:20180704212837j:image

ただ今、イケメン復活に向け、左耳周辺を中心に水洗いしながら羽毛リニューアル調整中。

/ Naoking

 

Can not lose ★

もう7月だ!今年になって182日経過。しかし残りはまだ184日もある。まだまだ余裕のよっちゃんでしょ♪

今日は2丁目の気温30度超え。梅雨明けはいつ頃になるのか、気象庁からまだ連絡が来ていないけど、世間では海開き・山開き。まもなくプール開きとかも始まるのかな?このあいだ鏡開きしたばかりなのに、日本人は、色々開くのに忙しい。

こはるは、毛をカットされた左耳が開きっぱなしのまま、サッカーW杯の応援に忙しい。

みんな忙しいけど、がんばれ、日本!

f:id:aufheben1007:20180630140525p:image

勝ちあがるという目的のためであれば、その手段は選ばなくてよいのだろうか?今、我が家で、その答えは〝YES〟だ。

こはるの猛抗議を受けながらも、耳垂れを治すという最大の目的の為に、ここはひとつ、少し我慢とご理解をいただかなければならない。もちろんオカンもオトンも不本意ではあるのだ。

f:id:aufheben1007:20180701125350j:image

どこから見てもイケメンインコの姿をとり戻すために、負けられない戦いがここにもある。

/ Naoking

Not perfect ♪

6月28日は雨の〝特異日〟だそうで、こはるの住む2丁目界隈も今日は昼前から雨模様。夕方には上がったけど、今年も天気予報が当たって、予報士さんも〝得意日〟だな。

こはるの投薬生活が続いているけど、薬くさい水を飲んでくれない。熱中症が心配なので、昨日からオカンと相談の上で、薬の色が目立たなくなる程度に水の量を増やしてあげてみた。日中、留守の間は仕方なく口を付けているようだが、期待するほどには飲んでいないと思われる。

f:id:aufheben1007:20180628132109j:image

以前、指から垂れる水をキャッチして飲む遊びをしていたので、オカンが試してみたけれど、やはり薬が入った水には近づきもしない。(効果はあまりないと思われるが)指を薬水で濡らしてから、ごはんをまぶして食べさせてみたり。両者とも、あの手この指、の毎日。

f:id:aufheben1007:20180628133913j:image

6月28日はパフェの日。パフェの日のパフェはパーフェクトの省略なのだそうだ(由来は各自、自習のこと)。

何をどうするのが、こはるの治療にパーフェクトなのか試行錯誤の毎日だけど、なかなか作戦通りにはいかず、むしろ思考作誤。

f:id:aufheben1007:20180628134339j:image

わかったからケースごと水を捨てようとするんじゃないよ、こはる!

/ Naoking