こはるンルン ♪日記

コザクラインコ「こはる」成長日記

赤いブラブラ♪

この赤くてブラブラするヤツと戦うの、今年2回目だな。ボクんちには、リンリン鳴る鈴とかジャラジャラと音がするオモチャとかがあって毎日揺らして遊んでるから(というか鳴らしてオカンを呼んでいるから)、揺れているのをキャッチするのはお手の・・、いや羽の?クチバシの?やっぱりお手のもの、でいいのかな。

f:id:aufheben1007:20200607125503j:image

ユラユラ〜しているのをよく見て、クチバシでキャッチ!&リリース。
f:id:aufheben1007:20200607125459j:image

見た目は赤くてカワイイこいつら。無駄に殺傷するのは忍びないから、今日のところは食べたりせずに、遊んであげるだけにしておこう。
f:id:aufheben1007:20200607125450j:image

ブランと目の前にきたら、クチバシを的に向けて、上からカブッと。
f:id:aufheben1007:20200607125507j:image

ナイスキャッチできた!ボクのクチバシの曲がった先っちょをこいつの上にあるくぼみにうまくあてるのがコツ。
f:id:aufheben1007:20200607125454j:image

このあと、結局オトンがこいつを食べちゃった。ボクがせっかくリリースしたのに・・

ごめんネ、赤いブラブラちゃん!

/ koharunrun♪

 


コザクラインコランキング

インコ的イタミ♪

なんだか毎日ムシ暑いな。部屋の温度と湿度があがった夜は決まってオトン達は泡の出る飲み物をおいしそうに飲んでいる。ボクだって喉が乾くから、おんなじグラスで同じように、おいしい水を飲むんだ。

f:id:aufheben1007:20200709201459j:image

暑い時期、オカンはケージの水も、グラスの水も、いつも新しいものに交換してくれる。水がイタむからって言うけど、水のどこが痛むんだろう。ボクも痛くなっちゃうのかな。ちょっとだけ試してみよう。

f:id:aufheben1007:20200709202035j:image

グラスの水をかぶるってのは大変だな、頭しか濡れないよ。でも水の痛いほどの刺激ってどんなもんか知りたいし。“ミズしらず“じゃすまないよな。

f:id:aufheben1007:20200709230704j:image

コツをつかめば、グラスでの水浴びもできないわけじゃないかもしれない。天才インコに不可能なことなんてないからな。

f:id:aufheben1007:20200709230932j:image

おおお!のってきたぞ。グラスでの水浴び、楽しい〜♪ でも、いつものやり方と違うから、普段使わない筋肉に力が入って疲れるな。

f:id:aufheben1007:20200709231317j:image

あーー、わかった。水の痛みって、水浴び後の筋肉痛のことか☆

/ koharunrun♪ 

 


コザクラインコランキング

 

朝から夜まで♪

最近、朝が来るのが早い割に、夜になるのが遅いような気がする。インコ体内時計が変調をきたしているのかもしれない。そのせいか、このところ、まだまだ遊びたいのに暗くなるとすぐに眠くなる。

f:id:aufheben1007:20200706220215j:image

オトンとオカンが、いまだに家にいる時間が多くて、そのあいだ、ずーーーっと遊んであげてるのも原因かな。少し放っておくと、すぐ寂しさを紛らすために小さな画面に向かう傾向があるから、常に構ってあげる対策を立てなきゃならない。二人ともかまってちゃんなんだから、もう!

f:id:aufheben1007:20200706220209j:image

眠いのにインコもインコなりに大変だよ。

/ koharunrun♪ 

 


コザクラインコランキング

Birds as Art ♪

シドニーのオペラハウス、美しいね。人間にも、鳥なみに美しく歌をうたえる種類がいるんだね。我が家にはいないけど。

え?

鳥に芸術が理解できるのか?     はぁ?

冗談はカタツムリのよし子さんだけにしてくれよ。失礼にもホドがある。

f:id:aufheben1007:20200703170511j:image

鳥自体が芸術なんだよ。

美しい鳥や美しい羽根の本がたくさん出版されているから、人間もそれはわかっているはずだけどね。
f:id:aufheben1007:20200703170518j:image

鳥は見た目の美しさ以上に、歌上手。ボク達コザクラインコは遠くまで良く通る声も自慢だ。

それに比べ・・

まぁいか。

/ koharunrun ♪ by Naoking

 


コザクラインコランキング

 

心配だよね ♪

最近ちょっと気になっていることがある。オトン・オカンとボクのサイズの違いだ。人間ってのは全般的に、無駄にデカい。それがちょっと心配なのだ。

f:id:aufheben1007:20200630143118j:image

ボク達のような優れた生き物は、進化に伴ってダウンサイズして成長も早く、少ないゴハンでもみんなで分け合って厳しい時代を乗り切ってきた。自分や仲間を未来に繋ぐためだ。

それに比べてオトンもオカンも毎日膨大な食料が必要だ。しかも毎日色々な種類を並べて。いったいボクのゴハンの何倍食べてるんだろう。

f:id:aufheben1007:20200630144429j:image

その割に、ボク達に比べて体温は少し低め。機敏に動けないのはそのせいだろう。ときどき温かい飲み物を補っているのは体温を上げるためなのかな?ボクと同じ色の器はテンションが上がるとオカンは言ってるけど、、、。

f:id:aufheben1007:20200630145030j:image

まあ、進化できないこの二人のためにボクがしっかりしなきゃいけないから大変だけど、仲間を大事にするのは得意だからね。面倒みてあげるしかないね。

/ koharunrun ♪


コザクラインコランキング

 

 

 

どんなときも ♪

 どんなときも どんなときも

 ボクがボクらしくあるために

 好きなものは好き!と言える気持ち抱きしめていたい

オカンが好きだった歌手、いい歌を歌っていたね。

どんなときも、鳥が鳥として一番鳥らしいのは、やっぱり美しい羽で飛んでいるときだろうな。

f:id:aufheben1007:20200627102136j:image

この翼のお陰で高いところにある食べ物を手にできる、いや翼にできる?口にできる?クチバシにできる、か? 衝撃無く着地もできる。

人間には翼が無いから、さぞ不便だろう。よく生活できてるよな。残念だね。

f:id:aufheben1007:20200627102859j:image

それにしても、鳥が飛ぶ姿は、ボクの目から見ても美しい。身を軽くするために無駄なものが一切無い。そこで重たいお腹をさすってるオトン、聞いてるか?重い尾っぽを捨てたのは人間も一緒だけど、鳥は尾羽として残して、体のバランスをとりやすくした。オトンが転びやすいのは、中途半端な進化のせいだろうな。残念だね。

f:id:aufheben1007:20200627102852j:image

まあ、あまり自慢するとアレだけど、鳥が空を自在に飛んで生きるためには地上でのんびり暮らすより発達した脳が必要なんだ。大きな目で見る情報に対してスピーディにかつ大量に対応しなきゃならないからね。それに比べ、オトンのノンビリ脳とショボ目・・残念だね。f:id:aufheben1007:20200627102856j:image

まあ、オトンはオトンらしくインコが好き!と言う気持ちだけを抱きしめていてくれればいいかな。

/ koharunrun ♪

 


コザクラインコランキング

 

 

 

進歩できるか?人間!♪

こんにちは。世界に羽ばたく、こはるだよ。今日は倉庫みたいな広大な図書館に来たよ。

なんちゃって。

f:id:aufheben1007:20200624202128j:image
ホントはパソ子とかいうオトンの友だちの前にいるだけだよ。びっくりしたかな。

しないだろうな。

まあどうでもいいけど。

f:id:aufheben1007:20200624214154j:image

人間ってのは、鳥ほどに知能が発達していないから、色んな道具に頼ってやっとボク達と同等に暮らすことができているようだ。ボク達には、先祖代々から緻密に受け継がれたDNAが全身に満ちているのだけれど、人間は、例えば羽毛が無いから代わりに服は着なきゃならないとか、クチバシが発達してないから、木の棒を使って物を食べたりとか、何かにつけて色々な道具をかわるがわる持ち出してくる。めんどくさいだろうな。

まあ、どうでもいいけど。
f:id:aufheben1007:20200624202138j:image

人間は身体が大きすぎるから、神経回路の巡りに時間がかかるのかな?パソ子が何をする道具なのかは良く知らないけれど。ひとつだけ知性的インコから未発達の人間にアドバイスするとすれば、道具に頼る前に自分の手足だけでできることにチャレンジすることだな。でないと、鳥が羽を手にしたように、いや、手が羽になったように、進歩できないよ。
f:id:aufheben1007:20200624202125j:image

まあ、とうでもいいけど、テクテク一歩ずつ、がんばれ、人間!

/ koharunrun♪ by Naoking

 


コザクラインコランキング