こはるンルン ♪日記

コザクラインコ「こはる」成長日記

こちょこちょ♪

 今日20日から秋の土用に入ります。

土用は夏にウナギを食べるだけじゃないんですねぇ。各季節ごとにあるなんて知らなかった。

 f:id:aufheben1007:20171017221342j:image

乾いた風と青い空。 本格的に秋晴れのシーズン到来です。今日は雨ですが。

そして今日は金曜なのに土用です。

f:id:aufheben1007:20171017222055j:image

 「おたくの飼主はオヤヂギャグ多くね?」

って、こちょこちょ言ってるの、聞こえてるんだけど・・

f:id:aufheben1007:20171017220635j:image

 「あのね こちょこちょ♪」って言ってるだけなのに、なんか勝手に悪口言ってるみたいに聞こえたみたいだよ。

って・・?

 f:id:aufheben1007:20171017230346j:image

二人して、それぞれの飼主の指先でオトンをからかうのやめてもらっていいですかヽ( ̄д ̄;)

/ Naoking

りんごのにおいと風の国…♪

秋が急に深まって、寒くて暖房が欲しいこの頃。昼間も15度切るような日も出てきたので、こはるのゲージには人間より先にヒーターを設置しました。

こはるの秋の一枚は、秋が始まる香り、金木犀です。

f:id:aufheben1007:20171017081234j:image

金木犀が終わった後の秋の香りと言えば、こはるも好きな りんご、ラフランス、そして私達の大好きなマルメロ…。

f:id:aufheben1007:20171017082924j:image

ユーミン荒井由実時代の「りんごのにおいと風の国」は静かな曲だけど、昔からなんだか好きだった。ハロウィーン(この時代には一般にはまだ知られてなく、仮装パーティなどしなかった頃の)、木枯らし、いのこづち、セーター。一つ一つ聞いていくと、いつの間にか秋の風景の中に引き込まれます。彼女が向かう風の国はどこにあるのだろう。

寒いのは大の苦手だけれど、それでも季節の変化を一つ一つ、大事に心に留めていきたいと思う今日この頃。

f:id:aufheben1007:20171017080602j:image

でも、こはるは熱帯仕様だから、それはあまり感じさせないようにしないといけないので、これはオカンのひとり言。/yossy

 

Happy 3rd birthday ♪

f:id:aufheben1007:20171014180843j:image

10月14日、おかげさまで、こはるは世界の中心で3回目の誕生日を無事に迎えることができました。

先日まで、ちょっと心配ごとがあったりしましたが、今はすっかり元気でヤンチャ坊主、完全復活です。

3歳のインコライフがますます楽しくなるように、オトン・オカンも頑張るから、こはるも元気が一番!で暮らしていこう♪

/ Naoking & Yossy

シグレって♪

先日こはると一緒のドライブ中、稲刈り前後の田園風景に目をやると、たくさんの雀たちが刈入前の穂をついばんでいた。
『 稲雀 茶の木畠や 逃げ処 / 松尾芭蕉
東北ではお茶の木を目にすることは無いが、稲を守る人と元気な雀の攻防戦が想像できて、農家さんには悪いけど何だか楽しくなる句だ。

 f:id:aufheben1007:20171012112848j:image

こはるも飼い主に怒られると、すぐ近くの物陰とか高いところに逃げ処を探す。
今朝はオトンオカンの出勤時間が近いのを察して、保護色のバックの中に逃げ込むという高度な技に打って出た。

f:id:aufheben1007:20171012113019j:image

しかし、バックの中に興味と好奇心はあるけど、中の暗闇に不安がよぎる。
それでも、まもなく3才を迎えるにあたって登らなければならない大人への階段には、勇気という名の一歩が必要だ。

f:id:aufheben1007:20171012113042j:image

そんなことをしながら今朝もこはるとのバトルを経て飼い主たちはご出勤。昨日からの雨は晴れたけど、夜からまた雨になりそう。10月の別名「時雨月(しぐれづき)」。時雨は元来「ほどよいときに降る雨」という意味らしいから、この雨は世のために働く雨なのだろう。気温も下がるみたいだから、こはると、このブログを見て下さった皆さんもお体ご自愛のほど。

 f:id:aufheben1007:20171012113738j:image

10月12日は芭蕉が遠くに旅立った日、時雨忌。
/ Naoking

ことりくるころ♪

左耳のカットをした部分がかなり目立たなくなって、イケメンぶりが回復してきたこはる氏。マフラー生活からも昨日解放された。

f:id:aufheben1007:20171008080400j:image

少しずつ秋の深まりを感じながら、外の風を吸い込んで気分転換。こはるの呼び声に反応する小鳥達の声が以前のと違うような気がする。季節によってここらへんにいる野鳥の種類も変わってくるのかな。

f:id:aufheben1007:20171008081141p:image

「小鳥来る」とは、秋の季語。渡り鳥がやって来る季節ということだ。日本の実りの秋を堪能しにやってくる鳥たち、インバウンドの先駆者たな。今頃の日本の空は空気も澄み、野山は美しい。今年生まれて、初めて日本に来る鳥さんも、十分に堪能して欲しいものだ。

そういえばこの間まで近所を飛び交っていた燕の姿も見かけなくなった。この間までピーピー泣いてた雛たち、しっかり巣立ったのかな。

f:id:aufheben1007:20171009070432p:image

こはる氏はこの三連休、オトンオカンと長旅。巣立つ気配もないし、させるつもりもない我らの集団移動。「来る」でも「行く」でもない「小鳥いる」の暮らしを、急がす慌てず安全運転で進めていこう。

/ Naoking

 

虹色の朝♪

オトンは世界とこはるの平和を守るため、今日も出張先で朝を迎えた。さて今日の天気は、とカーテンをすこし開けてみると、まずまずの空模様。でも朝晩はずいぶん冷えこんできた。こはるは寒がっていないかな。

その時、部屋に差し込んだ一筋の光。

f:id:aufheben1007:20170927205816j:image

 何かのプリズム効果?

かわいいミニチュアサイズの虹が部屋の中に遊びにきてくれた。

虹を探す時は、雨が止んで日が差したら「太陽を背にして逆の空」を見るのだという。部屋の中でも、外の光を背にした瞬間にこれが見つかった。

 f:id:aufheben1007:20170927205641j:image

今日は何かいいことあるかな♪

でも、小さなオトンのハッピーより、こはるの心配ごとを何とかして欲しいものだ。くたびれた借り物のマフラーみたいなのを首に巻きつけられてもう一週間。

f:id:aufheben1007:20171006074017j:image

本人も、なんでこんなの付けられてるのか悩んでるみたい。飲み水には薬が入っておいしくないだろうし、なんともお気の毒。

f:id:aufheben1007:20171006073603j:image

休みの日は、いっぱい遊んで気分転換しよう。

それまで首を長くしたり首筋カキカキしたりしてオカンと待っててね。

/ Naoking

 

白いスカーフ?ルン♪

こはるは、いま、首に白い包帯、いえいえ白いスカーフを巻いてる、おしゃれインコです。

クリニックの先生の勧めで、毛引きから気をそらすために、別のところへ「気になるもの」をしてみましょうということになりました。エリザベスカラーは毛引きを物理的に防ぎますが、こちらは毛引きの回数を少しでも減すためです。

f:id:aufheben1007:20171001125005j:image

包帯を巻き終わった先生、「白いスカーフですね」とニッコリ。

オカン「手拭いにしか…(汗)」

温泉で首に手拭いを掛けて、いそいそとお風呂へ急ぐおじさんの姿のよう…。オヤジ感ハンパないよ、こはる。

でも先生に「いえいえ、スカーフですよ」と力強く訂正されました。

f:id:aufheben1007:20171002194533j:image

あぁ!そうだわ先生、そんなこと言っちゃいけない。邪魔なものを付けられて、大変なこはるの気を落とすようなことを言っちゃいけない。

f:id:aufheben1007:20171002204735j:image

物事は良い方に考えよう。こはるよ、それはスカーフだ。スカーフ巻いたインコなんてなかなかいないぞ〜。カッコいいじゃないか!

f:id:aufheben1007:20171002204711j:image

すると、落ち込んでた、こはるの顔がまんざらでもない感じになった気がする。人間もインコも、褒めると伸びるのね。

P.S.週末に開催されたモフモフ!ことりの雑貨店では、おとちゃんの村東さん中心のトークショーも楽しくて満喫しました。来年のカレンダーはおとちゃんに決定です。/yossy