こはるンルン ♪日記

コザクラインコ「こはる」成長日記

うすい の日 ♪

今日の写真は色がうすい・・。なぜなら、今日は二十四節気のうすい(雨水)だから・・。 空から降るものが雪から雨に変わり、氷がとけ始める。春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえる。春を迎える準備万端、って感じかな。 外で暮らす小鳥達も少し過ごしやすく…

ひかりのはる ♪

今年の冬は暖かくて過ごしやすいね、と言ってはいるけど、まだ2月。日本の最深積雪記録は、滋賀県伊吹山の11.82m、1927年(昭和2年)2月14日。今頃が一番油断できないのだ。 とはいえ、日の出も過ごしずつ早まり、ひと月前に比べると日中の時間は一時間近く…

うねるもいインコ ♪

店名のウネルモイ ポッロとは、フィンランド語で〝夢見るフクロウ〟という意味らしい。 その店名の由来となったインドオオコノハズクの〝こだまちゃん〟は、まさに夢見るように眠たそうだった(許可を得て撮影)。 勤労感謝の祝日、こはるには留守番をお願い…

だんドリ ルン ♪

朝、玄関の扉をあけて新聞をトリにでたら、肌を刺すような寒さ。おぉ、これをゲンカンの候と言うのだな。 ・・そして、今日は新聞休刊日だった。 しょうがないので、こはると一緒に以前100均でオカンが見つけたブロックを組み立てることにした。 天才こはる…

さぶ〜 ♪

さむい!寒い!! こはるの住む2丁目がこの冬初めてマイナスの気温になった。寒さに弱いこはるを外に放ったら、おそらく時間の問題だろう。毎日庭に遊びに来てくれるスズメちゃん達や、ヒヨちゃんは無事なのかな?心配だね。 それより不思議なのは、わざわ…

福ます立春 ♪

昨日は節分。最近、こはるの住む地方にも恵方巻の風習が商業ベースに乗って広がっているようだが、遂に我が家の食卓に乗ることは無かった。 せめて、こはると「鬼は外!」をしようと思ったのだが、なぜか今年は鬼の面にビビって近寄らず、撮影会に登場するこ…

きさらぎ ルン♪

2月の和風月名は、きさらぎ。衣を何枚も重ねて寒さを凌ぐ〝衣更着〟の意味があるという。こはるが重ね着しているダウンとフェザーの保温性が本領を発揮する季節だ。 一方で、〝生更ぎ〟という表現には、草木の根が張り出すという時期という意味があるそうだ…

乾燥 感染に注意 ♪

人間たちは新型ウイルスの感染拡大で大騒ぎ。こはるの住む地区は、海が見える丘の上の住宅地にあるけれど、太平洋側の気候なので、大気は乾燥しがち。ウイルスは低温と乾燥を好むらしいから、こはるの耳対策のためにも、この時期はケージ内のコンデションに…

天在比翼ルン ♪

天に在らば比翼の鳥 地に在らば連理の枝 比翼の鳥とはオスとメスの、それぞれが目と翼を一つずつもち、2羽が常に一体となって飛ぶという、中国の空想上の鳥。仲の良さを例える言葉だ。 そういう話になると〝こはるは独身のままで良いのか問題〟が繰り返され…

留守番こはるとオカンはルン♪

オトンが出かける直前、 僕も行く! ほら、バックに入って用意できたよ! ボールペンの忘れ物ないか、確認したよ! と、ビジネスバックに潜り込んでいたこはる。 オトンは泣く泣く、バックからこはるをつまみ出し、出かけて行った。 はじめは寂しかったけど…

それはそれで・・ルン♪

季節は今日から大寒。そんな中、オトンは極寒の北海道に出張中。昨日、こはるの住む地域を離れた時は、快晴の空だった。オトンが生まれた海岸沿いの故郷を眼下にした時も、積雪は無いようで、ふるさとの皆んなも過ごしやすい今日この頃なのかもしれない。 出…

ヨチって ルン♪

雉始雊 (きじはじめてなく) の候、冬も極まる「寒の内」。寒さはこれからが本番だけど、冬至を過ぎてから、日脚が少しずつ伸びてきた。 こはるの住む2丁目界隈の鳥たちが春の兆しを感じ始めるのは、まだまだ先だろうと思うけど、野に住む雉の雄は、寒い中で…

どんとさい ルン ♪

今日は、こはるの住む地域の〝どんと祭〟だった。羽毛も生えていない無い裸のままで、この寒い中を行列を作って神社にお参りするなんて無謀としか思えないけど、頑張った分の神の御加護がありますように。 ついでに、こはるもカゴの鳥なので、インコの神様の…

かがみひらき ♪

年が明けてからもう11日、本日は「鏡開き」の日。正月中飾っておいた鏡餅を割って雑煮やお汁粉にして家族一同で食べる儀式ではあるが、我が家の中心にいる方は、餅は口に合わないらしく、今日もシードをパクパク。 昔々は将軍と大名とか、大名と藩士たちが年…

ともに  ♪

松の内も無事に過ぎ、1月8日は正月事納め。昔々は15日までだったらしいが、明暦の大火(1657年)以来、延焼を防ぐために7日までに燃えやすい松飾りを外す対策がなされたという。 延焼対策もさることながら、我が家では炎症対策も重要課題。こはるの右耳の外…

1/5 No.1 こはる♪

1月5日はイチゴの日だそうだ。そういえば、先日、オカンがどっかからイチゴを買ってきて、こはるに食べさせてたもんな。 とか思ってたら、そのイチゴは、果物のイチゴではなくて〝高校受験を控えた15歳の少年少女にエールを送る日〟なんだそうだ。へ〜そーな…

七・いんこ ♪

一 富士・二 鷹 ・三 茄子 正月早々、富士山とかタカとか、ましてやナスの夢を見る日本人っているもんだろうか。いたとしても、本当にいいことがあるんだろうか。長年言い伝わってきたということは、それなりに実績があがっているということなんだろうか。 …

おめでとルン ♪

あけましておめでとうございます。 今年も〝こはるンルン日記♪〟をよろしくお願い致します。 / koharu & Yossy & Naoking コザクラインコランキング

よいおとしを ♪

今年一年も我が家は、こはるを地軸にして自転するように毎日楽しい変化が起こり、公転するように四季の移ろいを一緒に感じてきました。地球が回るのと同じスピードの歩みの中で、忘れがたいこともたくさんあった一年間でした。 三日は空けずに更新しよう!と…

Let's すたーて ィンコ ♪

こはるさんと、そろそろ平成31年度の目標を決めようと相談している間に、元号は令和に変わり、時の流れは我らに無断で勝手に進み続け、気づけば今年の御用納めの日も過ぎてしまった。まあ、そうなったらそうなったで、しょうがない。軸足は来年に切り替えて…

バンザイサンタ♪

クリスマスの当日よりも、前日のイブの方が盛り上がるのは、なぜなんだろう。と、思って早速調べてみたら、ユダヤ暦では日没と共に日付が変わるので、24日の日没とともに25日のクリスマスになり、夜中にお祝いのミサが行われていたから、なのだそうだ。 …

Merry Christmas 2019♪

/ Naoking&Yossy コザクラインコランキング

ひあしのびるンるン♪

明日は冬至。一年で最も昼間の時間が短い日。こはるさんも暗い中で過ごす時間が長かったね〜。 ここから立春までの間に、畳みの目ひとつずつ長くなる日差しのことを 「日脚(ひあし)」 と言い、立春の前なのでこれは冬の季語になるのだそうだ。 三月の春分…

それも芸のうち ♪

最近のこはるさんの得意技の一つは、鈴をリンリンかき鳴らして、お付きの者を呼びつけること。ケージにも鈴は何個かブラ下がっていて、「出せ〜!」と要求するときに鳴らす激しさは凄まじい。 人に自慢できるような芸は、あいにく本日は持ち合わせていないの…

Which is happy?

最近忙しすぎてついつい、と こはるには言いつつ、本当は単純に忘れていただけなのだが、半月遅れでスマホの壁紙を12月バージョンに更新した。12月の野鳥はキンクロハジロ。目が金色、体が黒色、羽が白色(ハジロ)のカモの一種だという。・・目がゴールド?…

そこに・・はあるのか?

♩街のどこかに 寂しがりやが一人 今にも泣きそうに ギターを弾いている 昔の流行り唄と人は言いそうだが、こはるより何倍も生きているオトンにとっては、まだ記憶に新しい歌なのだ ^ ^ 「鳥に寂しいという感情はあるのか」 こはると暮らす以前は、そんなもん…

そらさむく ♪

こはるの住む2丁目から見える遠くの山の頂の白さが日ごとに増してきた。オトンの頭の白さも少しずつ増してきているような気がするが、それ以上の勢いかも知れない。季節は〝閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)〟本格的に冬になったらしい。 こはると過ごす冬…

最先端インコ♪

コザクラインコはオウム目インコ科ボタンインコ属。鳥の進化の過程でスズメ目(雀・文鳥とか)とオウム目(オウム・インコとか)は一番最近になって分化した最も新しい目で、いわば鳥類の中で一番進化したグループと言えるのだそうだ。 やっぱりね、こはる達…

一石三鳥るん♪

今年、早いうちからインフルエンザが流行っている一因に、ラグビーワールドカップが関係していると、ニュースで伝えていた。 ワールドカップが開催された時期は、南半球では冬でインフルエンザの季節。観戦に来た大勢の人たちの中にウィルスを持ってた人がい…

灯りちらちら ♪

もう11月も終わり。明日から12月だ。月めくりのカレンダーは明日一枚めくれば残りも一枚。まあ、でも、まだ一枚あるし。 ニュースでは先日来、桜を見るのがどうのこうのと気の早い騒ぎになっているが、新聞のその記事の下のコラムには、冬の夜はキャンドルを…